白髪染め おすすめ

白髪を明るく染めるには

白髪染めを使用して、白髪を明るく染めるためのコツについて解説しています。
一番明るく染めることのできる白髪染めの色について悩んでいるという人は多いものです。

 

白髪染めで髪をできるだけ明るく染めたい場合は、茶色の白髪染めを使用してみましょう。

 

白髪染めは、各メーカーごとに一番明るい色があるので、そういう色を重点的に選んでみてください。

 

明るくなる色には、茶色系のものが挙げられますが、特にオススメはライトブラウン系のものです。

 

暗めの色のものと比べて、白髪がとても綺麗に染まるようになります。
口コミなどを調べてみると、特に染まりやすい色の白髪染めが見つかるでしょう。

 

ランキングの上位に来ているような商品であれば、どんな髪質の方でも使用をすることができるものが多いです。

 

白髪の量が増えてしまい、とても気になっているという方は、ランキングや口コミを見て自分に合った白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

口コミの評判を見て商品購入をすることで、失敗をしてしまうこともなくなります。

 

特に、ランキングの上位に来ている商品は、髪や頭皮に優しいものが多いので、安心して使用をすることができます。

 

商品によっては、全額返金保証も付いてくるので安心です。

ヘナで白髪染め

白髪が目立ってきたこともあり、ヘアマニキュアなどで対応していましたが、白髪染めは今後も長期に続けていくこととなりますので、やはり髪や頭皮にかかる負担は心配がありました。

 

叔母は、20代からすでに白髪があり、何十年と染めているのですが、やはり髪にはコシがなくなり、そしてカラーの影響かどうかはわからないのですが、薄毛にも悩んでおり、私もカラーで薄毛になるのは困るなと感じたものです。

 

そこで、私もできるだけ髪に負担のかからない方法をと思い、ネットで評判の良かったヘナを試してみることにしました。

 

髪に優しいことはもちろん、くせ毛を落ち着かせるのにも良いということで、私はくせ毛でも悩んでいましたので、そちらも改善できるかもと思ったからです。

 

染め方としては、粉末を水でとき、それを髪になじませて放置するだけですので、簡単なのですが、かなり長時間置いておく必要があり、我慢できなくなって、一時間程度で洗い流したのですが、ほとんど染まっていなかったこと、そして、髪がかなりぱさつき残念な結果になってしまいました。

 

きれいに染めるにはそれなりのコツがあるようですが、時間がかかることもあり、その後はもう一度だけやってみましたが、思ったような効果が得られずその後は使っていません。

 

自然素材ということで安心感があったのですが、もう少し短時間にしっかり染まってくれれば続けられるのにと残念に感じています。

 

それからヘナで染めたあとは独特の草のような匂いが2、3日残ってしまったのも気になりました。

万全の準備できれいな髪色へ

年齢を重ねるごとに白髪が増えてきました。

 

やっぱり老けて見えるのでショックです。

 

そこで市販の白髪染め商品を利用して、髪の毛を染めることにしたのですが、失敗したくないので事前に何を用意するべきなのか、どのように商品を選ぶべきなのかということをチェックしてから、白髪染めを開始しました。

 

おかげできれいに染めることができてよかったです。

 

私が用意したのは鏡やコーム、時計(時間をしっかりと守るため)、ヘアクリップ(髪の中を塗る際に上の髪を止めておけるのできれいに塗れます)、ティッシュ、新聞紙(下に敷いておきます)です。

 

それとゴム手袋をして、途中でとれてしまわないように手袋の口をゴムで縛っておきました。

 

白髪が多い部分が染まりにくいということを調べて知っていたので、私の場合は右半分の地肌に近い部分から先に塗っていきました。

 

ちなみにフェイスラインも染まりにくいそうです。

 

きちんとぬれているかどうか、1回1回きちんとチェックしていきますが、ゆっくりやっていると塗った場所によって放置時間が全然違う状態になり、把握するのが難しいため素早く塗っていきます。

 

私の髪質はとても染まりやすかったようで、思っていたよりも明るい色になりましたがとてもよい雰囲気になりました。

 

やっぱりきれいな髪色の方が印象もよくなります。

 

美容院で行ってもらおうかと思っていましたが、自分でも十分に白髪染めはできると思います。

 

挑戦してみてはどうでしょうか?